サークル儀式回路のオフィシャルブログです


by g-kairo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『此花咲哉』マスタリングガイド④~TIPS編~

 『此花咲哉』にはTIPSというギミックがあり、シナリオ進行上、重要な情報の多くは、このTIPSの中に込められています。
 ですので、シナリオをスムーズに進行する上では、このTIPSをどう使っていくかがキモとなります。
 TIPSの運用の仕方については、『GameDisk』で説明はさせていただいていますが、なにぶんTRPGではあまり一般的ではないギミックです。
 正直、はじめはとても運用に困ると思います。
 ということで、今回はこれまでのテストプレイから得られた経験をもとに、TIPSの運用についてのアドバイスを、幾つかお話ししたいと思います。

 まず、プレイヤーがTIPSを獲得する条件ですが、要約すると……

①イベントを起こすこと。
②調査項目を指定すること。
③適切な演出を行うこと。
④適切なTIPS判定([絆判定]か[エゴ判定]いずれかはマスターが判断)に成功すること。

 の4つの条件全てを満たすこととなっています。
 書いてみると、結構簡単なことなのですが、ごめんなさい。
 実際やってみると……意外とこれが曲者です。

 というのも、TIPSを得るにあたっての「適切な演出を行う」という点。この感覚が結構掴みにくかったりするのです。

 まず、プレイヤーの側から考えると、得られるTIPSがどういう形ででてくるのかわからないため、どういうアクションをすれば良いのかがわかりません。
 どこを捜せばいいのか、誰に話を聞けばいいのか……情報の形がわからないので、そうした感覚が、なかなか捉えにくいのです。
 結果、どういう演出をするのが適切なのか迷ってしまうことがあります。

 一方でマスターの側から考えると、プレイヤーの演出に対して、どのようなTIPSを渡すのが適切であるのかが、悩みどころです。
 TIPSは、何らかの資料の形をしたものから、個人の心情を小説調に述べたもの、日記、手紙に至るまでさまざまな形態が存在しています。
 それも、たいていの場合、不自然な内容のものばかりです。これをどういう形でプレイヤーに渡せばいいのか……正直、迷います。

 実際、どうしたものでしょうか?
 やり方は、いろいろあるとは思うのですが、これに対しての、1つの答えは
 「気にしないこと」
 です。
 『此花咲哉』は繰り返す5日間という、魔法に囚われた世界であり、プレイヤー達の最終的な目的はこの世界からの脱出です。
 そして、実のところTIPSは、個々のヒロインルートの手がかりであると同時に、世界自体の矛盾の現れ……という意味合いもあるのです。
 とすれば……不自然であるのは、さほど問題ではありません。むしろ好都合です。
 内容が不自然なのですから、その出現方法も多少不自然であったとしても、そんなに気にする必要はないのではないでしょうか?

 それに、例え渡したTIPSが、そのときプレイヤーが求めている情報そのものでなかったとしても、TIPSには、必ずやキャンペーンのヒントとなる情報が含まれています。
 なので、そのときのプレイヤーが求めている答えにはならなかったとしても、まったく無意味なものにはならないはずです。
 ごめんなさい。多少、開き直りの感はあるかもしれません(笑)。
 が、『此花咲哉』のマスタリングを行う上は、それなりに有効な手段です。
 気にせず、自信をもってTIPSを渡してあげてください。

 また、マスターがもう1つ迷うのがTIPSを渡す順番です。
 基本的には、現在入っているルートのTIPSの中から選んで渡すことにはなるのですが、それぞれのルートの中からどのTIPSを選ぶのかは、気を遣うところでしょう。
 無論、TIPSとイベントには相互に関連性があり、適切なタイミングというものは確かに存在はするのですが……それを考えるとなると、全てのイベントとTIPSを頭に入れておく必要があります。
 具体的にはイベント200個以上、TIPS100個(汗)。
 やっていただけるのであれば、『此花咲哉』の面白さが増加することは保証しますが、正直、そこまでのお願いはできません。
 ですので、これについても結論は1つ。「気にしない」
 極端な話、ルートのTIPSの中で、番号の若いものから順番に出していく……とかでも、問題はありません。それでも、シナリオは回ると思います。
 まあ、各ルートの核心に迫るTIPSについては、後回しにした方が話は盛り上がると思いますので、もし余裕があれば、これは核心かなと思えるTIPSについては、チェックをつけてルートの最後の方に回してみても良いかもしれません。

 そして、最後にもう1つ、よく困るのがTIPS判定に使う[エゴ]です。
 [絆判定]でTIPS判定を行う場合には、基本的にそのときにイベントを起こしたヒロインの[絆]を使えばいいので、さほど悩むことはありませんが、[エゴ判定]の場合だと、どれがTIPSを得るのに適当な[エゴ]なのかということで、判断に迷うことがあります。
 これについては、基本的には[エゴ]の内容が字面的に当てはまると思われたら、その[エゴ]を使い、そうでなければ、その判定をするのに適切と思われる能力値に属する[エゴ](例えば、知識を問うなら[知性]に属する[エゴ]というように)を使うというように決めておくと割とスムーズに対応できます。
 また、どうしても適切な[エゴ]がないと判断される場合には、次善の策として[ワザ]を使用することにしても構いません。ただ、[エゴ]で[TIPS判定]を行うことは、同時にキャラクターのリソースである[罪]を獲得させるチャンスを増やすという意味合いもありますので、可能である限り[エゴ]で判定できるときは[エゴ]を使用することをお勧めします。

 というわけで、TRPGではあまりないだけに、馴れるまでちょっと厄介なギミック「TIPS」ですが、スタッフ的にはかなり気合いを入れさせていただきました。活用して楽しんでいただけたら幸いです。
 そして、このTIPSを扱う上での、今回のキーポイント。もうおわかりですね? はい。

「気にしない」

 です。
 TIPSについては極端な話、シーン中に出しにくいようなら、シーンが終わってから渡してもいいと思います。
 変に悩むくらいなら、割り切って渡してしまってください。
 なんだかんだいっても、TIPSの一番大事な役割は「読んでもらうこと」なので(笑)。
【Na3】
[PR]
by g-kairo | 2007-08-28 19:41 | 此花咲哉