「ほっ」と。キャンペーン

サークル儀式回路のオフィシャルブログです


by g-kairo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

精読のススメ

うわーい、やっぱり忙しくて週末になっちゃったよ。
すいません、忘れていたわけじゃないんですよ(汗

さて、前回は読み飛ばせる箇所の説明をしましたが、今回は逆に必ず読んでおいて欲しい箇所を説明しましょう。
まず P3 の「用語説明」の「記号の説明」です。10 行もない箇所ですが、『此花咲哉』をスムーズに読むにはこれら4つの記号の読み方を熟知しておく必要があります。
付箋でも貼っておきましょう。

次に、最初に読み込むべき項目として、ルールおよび運用上の注意として以下に「キャンペーンの流れ」「キャンペーン運用の諸注意」が続いているのと、ルールセクションを飛ばして「セッションシートの使い方」があります。
これらは『此花咲哉』の様々なギミックの使い方を説明していますので、読まないとどうやって『此花咲哉』を扱っていいのか分からないでしょう。

読み飛ばしたルールのセクションは旧版『魔獣の絆』運用上のセクションと、付属ルールシステムのセクションのどちらか使う方をチェックしておきましょう。
旧版『魔獣の絆』に慣れ親しんでおり、ルールに精通しているのであっても、よりギャルゲーに最適化するためにルールに縛りをかける事を提案させて頂いてます。必ず読んで下さい。
もちろん旧版『魔獣の絆』を使わない場合はここに用意した付属ルールだけで運用する事になりますので、きちんと把握しておく必要が出てきます。

世界を理解するために読んでおくべきなのは「システム環境」 P119 からの「セットアップ」のうち、「キャンペーン舞台について」「キャンペーン概要」「キャンペーン背景」の 3 つになります。
これまでのセクションは必要だからおすすめしたものですが、この 3 つのセクションは『此花咲哉』を楽しんでもらうためにおすすめします。
上記ルール関連の「必要な」セクションを読んでいて、疲れたり、飽きたりした時、投げ出す前にこのセクションだけは読んでみて下さい。
きっとワクワクできると思います。

「オープニングをみる」の 7 ページからの解説は、PC や NPC の設定・背景を説明する重要な文章です。
『此花咲哉』は PC と NPC の交流が全てですから、このセクションはしっかりと読んでおいて下さい。
あわせて各 NPC の演出上のポイントが各キャラクター毎イベントの最初のページに書かれていますので、これもしっかりと目を通しておきましょう。
(花坂美咲であれば P56 「【花坂美咲】ルートの考え方」がそれにあたります)

最後に、はじめてセッションをする時には特別な「第一周目」が用意されています。
それは「はじめから」セクションです。33 ページからになります。
最初の 1 回はこのセクションに書かれている通り運用しても、何とか運用がまわるように設計したつもりです。
最初の 1 回目を回す前に一度読んで全体を把握しておく事をおすすめします。

それではまた、何か機会があればお会いいたしましょう。よいセッションを!
【黒緒】
[PR]
by g-kairo | 2007-09-14 22:16 | 此花咲哉

斜め読みのすすめ

うわー週末に儀式回路の打ち合わせなのに、まだまだやることあるよー(><)
と、いろいろとあるのですが、読者様には関係ないですね、はい。

というところで、忙しいあなたにお伝えします。
「いかにして分厚いシナリオ集を斜め読みするか」!!
『此花咲哉』に必須のテクニックと言えるでしょう。

ずばり、目次だけは精読する、これです。
技術者がよく使う手段です。本当ですよ?
本屋に行って見て下さい。技術書だってものごっつー分厚いでしょ?
技術者はあんなもの、まず頭から読むなんて無茶はしません。
代わりに目次を読んでどこに何が書いてあるかを把握します。

『此花咲哉』でもこのテクニックを応用しましょう。
GameDisc P52 〜 P55 にかけて、Tips とイベントの一覧が用意されています。
配布した Tips や発生させたイベントをチェックするためのものですが、
このページは確実に押さえておきましょう。逆に言えばこれだけです。

イベントはクラスタ化(発生させる順番についてグループ化)されているので、
このページで概要を把握しておけば、必須イベントを落とす事はありません。
今、誰の攻略ルートを進めているかさえ意識すれば、
後はそのイベントリストをチェックしながら適当に発動させていくだけです。

Tips にはその記述ページに、全て目的が書いてありますので、
「一覧でそれっぽいのを探す」>「目的を確認する」>「渡す」
と作業すれば何とかなります!
イベント50ページ、Tips 30ページを精読する作業をスキップできます!!

その上で「確実に読んでおいて欲しい」場所を押さえましょう。
これがどこかというと……すいません、紙面が長くなりすぎました。
このポイントは次回にお伝えしますね。

次回、打ち合わせの準備作業が順調に進めば今週中にでも……
それではお楽しみに。
【黒緒】
[PR]
by g-kairo | 2007-09-10 20:58 | 此花咲哉

新作、準備中。

冬を目指す、次回作の作成が進んでいます。

今回は、単発シナリオです。
誰でも遊べる、ポータルシナリオ、ということでマスタリングの楽なシナリオを目指しています。
が。

……おかしいなぁ、なんでこんなにデーターが多いんだろ?(苦笑)
まあ、その分、シナリオ本体の字数は減る……はず。
たぶん。おそらく。
まあ、『此花咲哉』よりは、絶対!

そんなわけで、テストプレイが済み次第、正式に発表させていただきたいと思っています。
もう少々、お待ちください。

次も、ちょっと頑張っちゃいますよ?
懲りもせず、システムは『魔獣の絆(旧版)』ですけど(笑)。
[PR]
by g-kairo | 2007-09-06 23:06
 ……うわっ! 長えー……(笑)

 実際、本の形になってみると、実感します。
 TIPS、長えー……。
 リプレイに掲載されたものも含めて、1段丸々使っちゃってるものとかも結構ザラにありますしね。
 ……そして、長いもののほとんどを、自分が書いた罠(苦笑)。
 ……考えます。いろいろと。ごめんなさい。
 マスターの皆さま。プレイヤーから苦情が出たらTIPSが長いのはNa3のせいだと罵っておいてください。

 さて、そんなTIPSですが、パイロットリプレイのときには、切ったものをそのままプレイヤーに渡して終わらせていたのですが、テストプレイだと切り抜いたものを貰った人が読み上げることで、プレイヤー間での情報共有を行っているようです。
 マスターに聞いたところ、プレイヤーが3人の場合にはそっちの方が情報共有が早いとか。
 なるほど。
 パイロットリプレイだと、プレイヤー2人でしたから、目を通すのにそんなに時間は掛かりませんでしたが、3人だと、簡単に考えても1.5倍は時間がかかる計算になりますので、確かに読んでしまった方が早そうです。
 ただ、前述の通り、異常に長かったり、読みにくかったりするので、マスターは状況を見て提示の方法を考えていただいた方が良いかもしれません。

 ちなみに、渡したTIPSですが、貰った人がその回のセッションシートの裏に貼っておくと、保存・参照に便利なようです。
 TIPSには、ヒントが隠れた形で練り込まれているものもありますので、後から読み返すこともしばしば。無くさずに保存しておくためにも、この方法はお勧めです。
 表側のセッションシートを参照にすれば、誰のイベントでそのTIPSが出てきたのかも調べられますし。
 プレイなされる方は、導入をご検討ください。

 あと、ついでに一点、ごめんなさい。
 TIPSの中で、結構、大きな誤植、というかミスタイプがあるところがあります。(※私が犯人です)
 「TIPS51:あいすくりん」
 この中の「完治」という人名は全て「宗治」の誤りです。
 
 ここが違っていると、新たな謎が出てきてしまいますので、お手数ですが、是非是非訂正をお願いいたします。
 大変申し訳ありません。謹んでお詫び申し上げます。
【Na3】
[PR]
by g-kairo | 2007-09-02 21:52 | 此花咲哉