サークル儀式回路のオフィシャルブログです


by g-kairo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 9 )

儀式回路の挑戦

更新が滞っております。
まっこともって申し訳ありません。

理由は、……儀式回路が夏に向けて動き始めたから。
はい。儀式回路の挑戦は、まだ続いています。
恐ろしいことに(笑)。

目標は夏です。
詳細はまだ申し上げられませんが、おそらく、今までにない道程になるでしょう。
間に合うかどうかも、正直、微妙です。
ですが、もしこれに成功すれば、みなさまに、またちょっとした驚きをお届けできるのではないかと思っています。

何はともあれ、儀式回路の2008年、始動です。

改めまして、今年もよろしくお願いします!
【Na3】
[PR]
by g-kairo | 2008-01-22 23:13
昨年は本当にありがとうございました。

まだまだ儀式回路は停止しませんよ。
今年も何かやらかすつもりで頑張っていきますので、
どうぞよろしくお願いします。

最後になりましたが、
皆様にも楽しいセッションが多い年でありますように。
[PR]
by g-kairo | 2008-01-01 15:43
 おかげさまをもちまして、サークル儀式回路は
 C73 27日(土)に参加の上、

 新刊『イノヲノモリ』と
 既刊『此花咲哉』
 の頒布を無事行うことができました。

 お力添えいただいた、沢山の方々。
 そして、来てくださった沢山の方々に心より御礼申し上げます。

 本当にありがとうございました!
【Na3】
[PR]
by g-kairo | 2007-12-30 12:13
 気が付けば、1ヶ月のご無沙汰です。
 更新が滞りまして、大変失礼いたしました。
 大丈夫。生きてます。
 儀式回路はまだ動いてますよー!(笑)

 さて、今回は冬コミのお話です。
 そう、気が付けば11月も終わり。冬コミまであと1ヶ月と相成りました。
 お陰様をもちまして、サークル儀式回路も参加させていただけることに!

 29日(土) 東ピ57b

 こちらで、みなさまのお越しをお待ちしております。
 頒布はおなじみ、『此花咲哉』はもちろんのこと、

 ふふふ……新刊、でますよ。
 学園ホラー『イノヲノモリ』!

 詳細は、近日、このブログにて。

 冬も、よろしくお願いいたします!
【Na3】 
[PR]
by g-kairo | 2007-11-27 19:35

新作、準備中。

冬を目指す、次回作の作成が進んでいます。

今回は、単発シナリオです。
誰でも遊べる、ポータルシナリオ、ということでマスタリングの楽なシナリオを目指しています。
が。

……おかしいなぁ、なんでこんなにデーターが多いんだろ?(苦笑)
まあ、その分、シナリオ本体の字数は減る……はず。
たぶん。おそらく。
まあ、『此花咲哉』よりは、絶対!

そんなわけで、テストプレイが済み次第、正式に発表させていただきたいと思っています。
もう少々、お待ちください。

次も、ちょっと頑張っちゃいますよ?
懲りもせず、システムは『魔獣の絆(旧版)』ですけど(笑)。
[PR]
by g-kairo | 2007-09-06 23:06

次回作の予感

 次回作の話が動き出しました。
儀式回路は、まだやる気のようです。

 目指すは、冬。

 次もまた、みなさまに驚きをもって迎えられるシナリオとなるように頑張ります!

 とはいえ、流石に次は単発シナリオ……の予定ですけど(笑)
【Na3】 
[PR]
by g-kairo | 2007-08-22 18:57

お待ちしております

いよいよ明日ですね。
ブースでお待ちしております。

……いや、私は仕事で行けないのですけど、
火塚さんかna3さんがきっと暖かく迎えてくれるでしょう。
というか迎えてください、よろしくです(笑)>二人
【黒緒】
[PR]
by g-kairo | 2007-08-16 20:55

コミケおさらい

商品が到着したそうです。
準・備・万・端!

残すところあと2日、サークル儀式回路のC72の参加状況は……
 初日:2007年8月17日(金)
 スペース:西や-07b
 頒布物:無電源ビジュアルノベルゲーム『此花咲哉』
 頒布予価:2000円
となっております。
よろしくお願いします。
【黒緒】
[PR]
by g-kairo | 2007-08-15 22:31
当サークル名にもなっている、『儀式回路』。
これは、実は世界観の名称です。

詳しく解説すると相当ややこしい話になりますので、さわりだけお話すると、
『儀式回路』とは、
「“物語”という怪異に巻き込まれた人々の冒険譚」
を取り扱う、伝奇的な世界観です。

今回の新作『此花咲哉』もまた、この伝奇的な世界観のもとに作られています。
ヒロインたちとの交流を描く、ギャルゲーとしての側面と同時に、
その先にある世界の謎に挑む、伝奇物語としての側面をお楽しみいただけたら幸いです。
【Na3】
[PR]
by g-kairo | 2007-08-09 21:10