サークル儀式回路のオフィシャルブログです


by g-kairo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

C73新刊『イノヲノモリ』

 コミケまで2週間となりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?
 さて、今回は前回お話した、新刊『イノヲノモリ』のご紹介です。

 このホラーは回避できない。
 
 それは深い闇から現れるモノなのか?
 それとも心の闇が見せるモノなのか?
 ……キミが居るから、帰ってこれる


 以上、プロダクトページのコピーですが、
 ここに謳われていますとおり、今回はホラーものです。
 それも、学園ホラー。

 ひょんなことから、社を侵したPCたちは、妖怪大将率いる怪異の軍勢に包囲され、その執拗な攻撃に晒されることとなってしまいます。
 頼れるものは、自身の胆力と仲間との[絆]。そして、古びた1冊の本。
 逃れることのできない怪異の中で、PCたちの闘いが始まります……。

 と、ここまでご覧になって、
 「あれ? どっかで聞いたことあるぞ?」
 という方も、ひょっとしたらいらっしゃるかも知れません。
 ……はい。
 実は、このシナリオ。原作があったりします。
 江戸時代中期の伝奇物語、『稲生物怪録』。
 広島は三次の若侍“稲生武太夫(いのう・ぶだゆう)”が出会ったという怪異とその顛末を綴った物語。最近では『朝霧の巫女』(宇河弘樹著)の原作としても知られています。
 今回は、この物語をTRPG用としてアレンジさせていただきました。
 システムは、『BeastBind~魔獣の絆~』
 ……に加えて今回は『クトゥルフ神話TRPG』『クトゥルフd20』にも対応のマルチ版!
 『BeastBind~魔獣の絆~』をお持ちでない方にも、お楽しみいただけます。

 PCたちを次々と襲う、多数の怪異イベント。
 そして、これらのイベントを予見する『情報カード』。
 PCたちはお互いの[絆]を確かめ合い、襲いくる恐怖に立ち向かわなければなければなりません!
 果たしてPCたちは、怪異の巣窟と化した学園から、帰還することができるのでしょうか?

 サークル儀式回路、シナリオ第2弾『イノヲノモリ』。
 12月29日(土) 東ピ57b(“Presented by tatuya”)にて頒布予定です!
【Na3】
[PR]
by g-kairo | 2007-12-16 00:37 | イノヲノモリ